NW毎度のエコノミー(^^)
まずはバッファローへ
バスで国境を越えCANADAへ。
機内ではまだ、日本で上映されてな
いスパイキッズのお陰で退屈せず。
英語でアップルジュースのおかわりを
頼んで通じ、ご機嫌の息子。
オヌシ、やるなあ。
Niagara Falls!
わお。これなのね。
ブロックプラザホテルからもよく見え
ました。
ちょうど金曜日の夜は花火も打ち上
げられるということで楽しみました。
入り口でお決まりのブルーポンチョを
もらい、定番「霧の乙女号」に乗船。
傾きそうなぐらいの人数にびっくり。
船は、もう助けて〜というくらい滝に
近づき水しぶきでマスカラがとれて目
の回り真っ黒の私でした。(^^;
素敵なカップルと
フレンドリーなご家族にはさまれ
ちょっと休憩。左の肝っ玉母さんに何
か笑顔で話しかけられ「Hello.」と答
えたそうです。(汗)
ホテルのすぐ近くにちょっとした無料
で入れる科学スペースがあり興味
津々。
夕方しばらく遊びました。
HERSHEY’Sでキャンペーン中の
Reese’sの袋入りお得サイズを買い
(病みつきです)外へ出るとちょうど、
宣伝キャラとご対面。
眉毛の少し上がネットになっていて
うっすらとお顔が・・・。
そこを見てご挨拶した変なわたし・・・
今日はワイナリー見学。
赤いロンドンバスがお迎えに来てくれ
ました。この葡萄決して甘やかすこと
のない適度な加減の管理が大切との
説明。息子よ。聞いているか!
勧められるままに、母と私は
試飲でぐびぐび(^^;
アイスワインは甘めの仕上げ。
日本人の女性がスタッフとして生き生
きと作業されてました。
ナイアガラ〜バッファローへ(バス)。
その後デトロイト経由でカルガリーへ
飛びバスでバンフへ。
国立公園をくぐり抜け滞在するバンフ
スプリングスへ。
ロビーも息をのむ美しさ。
私達家族にはもったいない位の
名門ホテル。
家具もカナダらしく素敵でした。ベットの
上のカードには、この国立公園の自然環
境を保護するポリシーと協力依頼の文章
が書かれていました。
歩いてSafewayにお買い物。
7月でしたが寒くて寒くて裏起毛のトレー
ナーの上にウィンドブレーカーを着てもま
だ寒く、大変でした。なのに欧米人は半
袖Tシャツにショートパンツ。聞くと体感温
度の違いからだそうです。すごい〜!
国立公園の中は息子が「LLbeanのカ
タログの表紙の景色だ〜。」と。
生態系が壊れるので何にも人間の手
を入れない事がどれだけ大事か説明
していました。
流木も流れたまま。山火事も消さな
いなど・・・。
バスのすぐ側までエルクが近づいて
きます。
もちろん横断は動物優先。
エルクが渡りきるまでバスはじっと待
ちます。
子鹿のバンビ〜は
かわ〜いいな〜♪
あの3拍子。を歌いたくなっていた。
昼食を取りコロンビア大氷原へ。
このバスに乗って移動します。
一度も故障したことがないとアナウン
スが流れた途端、ブルブルン。トン。
帰りにバスが故障し停まってしまった
のです。
すぐに連絡してくれお迎えのバスに乗
り換え。すんごく怒ってたおじさんもい
たけど私達にはこれも思い出になり
ました。
氷河の水(硬水なのでたくさんは飲め
ません。)少し口に含んでみました。
冷たくていい気持ち。
氷河の水は後で故障したバス会社か
らごめんなさいとして、ペットボトルを
一人1本づつ頂くことになりました。
レイクルイーズのホテル前にデルフィ
ニウムのような青紫の花が咲き乱れ
てました。
カナダは何処に行っても可愛いサイ
ズのペチュニアの寄せ植えが見られ
ました。
置物ではないよ〜。
レイクルイーズ前でリスがチョコチョコ
と近くに来ます。
でも餌をあげてはいけないし手を伸
ばしてもいけないと厳重に言われまし
た。野生のリス、こんなに近くに見ら
れてびっくり〜。
バンフからカルガリーに戻り1泊し、
カルガリー空港で昼食。一人に1羽
のローストチキンにびっくり(@@)。
この後USミネアポリスへ向け飛ぶ。

カルガリー空港内のおもちゃ屋さんで
私の身長大のバッタ?に
全員大爆笑。
連れて帰りたくなってました。(^^)
ミネアポリスからラスベガスヘ飛び、
LVに着いたのは深夜。もの凄い夜景
に目も覚めました。
翌日グランドキャニオンへ向けこのセ
スナに乗り込みしゅっぱ〜つ!
当たり前かもしれないけど、機長さん
が手動ボタンでパチパチと切り替え
たりするのがすぐそこで見える。
揺れは冗談くらい激しく飛行機大丈
夫私でも結構きつかったです。(^^;
ヘッドフォンでコロラド川の浸食の歴
史の解説が聞けました。
到着。セスナには参ったけど、
この景色はタイのアユタヤ遺跡と
同じく、「魂揺さぶられレベルもの。」
圧巻でした。
原住民や獣が通った道がはっきりと
見えます。
ディズニーのライオンキングのテーマ
ソングが思い浮かんでました。
グラキャンで遠くばかり見てたら、足
もとで何か鳴いている。
君だったのね〜。
LVではルクソールホテルで泊まりま
した。バフェの食事が美味しくてどれ
も最高でした。そして、ガイドブックに
LVでは何処もホテルが広すぎて位置
が把握できにくいと書いてましたがこ
れも事実。規模が違いますう。(汗)
私は一人で移動はちょっとできませ
んでした。それにしても夜間のこの莫
大な電気代はどんなものだろう。答え
は全てカジノで落としていってくれる
人が払っている計算になるんだそう
です。う〜ん。納得。
これがラスベガスなのね〜。
ほんっとすごいザンス。
夜はトレジャーアイランドの無料(笑)
ショーを見に行き翌日はタクシーでフ
ァッションアウトレットへ唯一買い物へ
行きGAP.RL.でメチャ安買い物をし
ました。あんなに広く品揃えのよいRL
のアウトレットは、初めてでした。主人
のコットンシャツがSaleで$11とか。
それでも僕は1枚でいいよ。
という夫です。(笑)
出発前、英語のDave先生と、間違え
てもどんどん自分から話しかけ、帰国
後レッスンでどうだったか報告する約
束になっている為、今回は積極的に
頑張る怪しい息子(小3)です。


U.S.A.&CANADA  2001

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   


トップへ
トップへ
戻る
戻る