2004夏SEATTLE(MARINERS)
今日は念願のマリナーズ観戦!地図を読めないbonitoは叱られ侍になるのを覚悟でSafeco Fieldへのカーナビ係り。「ダウンタウン周辺は一方通行の道も多いしノロノロ走っていたら鳴らされたり中指立てられることもあって(ヒョエ〜)ハワイとは全然違うから充分注意して運転してね」と昨日師匠から話を聞いていましたが、中指は立てられずともやはり皆さん凄ぅおました(笑)そして現地でもらったシアトルガイドにも「試合時間以外の球場付近は治安があまりよくないので充分注意しましょう」と書かれていてちょっとビビる。近くの有料パーキングに車を停め、まずは球場内のWill Callで日本からネットで購入していたチケットを発券してもらう。球場すぐ前のタリーズコーヒーの看板が出ていた店に入り美味しいcoffeeと同店内のミニスナックで卵&パンケーキのアーリーセットの朝食。この朝気温が低く、温かな朝食がとても美味しく思えた。まだ試合開始まで充分時間があるぞぉ!イチローさん待っててね〜♪
入り口のセキュリティにバッグを見せ階段を上がると、突然視界が開け青々とした天然芝のフィールドが広がった。内野外野どの席からも見やすいように設計されているようでブルペンで練習している選手をフェンス越しに見ることもできる。ふと目を正面にやると。。。ぎゃあああああ!イチローがすぐそこでウォーミングupをしているではないですか〜〜叫ぼうと思いましたが尋常ではない妻の姿に夫は私の手を掴み「今は練習中やから叫んだりしたらいかんぞ」と。(えぇ〜><イチローの熱狂的なファンとかじゃなかったのですがTVで見るより背も高く体も大きく感じ、もくもくと練習するカッコいいイチローさんにぼぉ〜っとなりました・笑)その後勝手知りたるファンがサイン席の前に並びだし、先程私に「雄たけび禁止令」を出した夫はこれを見つけるや豹変し息子に「サインもらうぞ!並ぼう!」とルンルン状態☆((@@自分も充分ミーハーじゃないのよね〜)
国家斉唱がはじまると同時に鳥肌の興奮状態。プレーを見ながら日本の母に無事シアトルに到着したと息子が電話。「あら〜いいわね〜イチローさんによろしく〜」ビール、綿菓子、ピーナッツ等日本でいうと金魚売り?(笑)のような掛け声でいろいろと売りに来てくれます。大きなレモネードとクラッカージャック、フレンチフライを買い楽しみます。7回にはTake me out to the ball gameも字幕スーパーを見ながら元気良く歌った後ホームランが飛び出し場内異様な程の興奮状態に。結果6対2でアナハイムエンジェルスを下しマリナーズが勝ちました☆イチローはこの日17試合連続ヒットを記録しこの大きな国アメリカでも皆に認めてもらい平常心で毎回の試合をこなしている姿に単純に心を打たれました。日本で見る野球の試合は長く感じる私ですが、とにかく観客を飽きさせない工夫が随所に凝らされ攻守交代時には電光掲示板に笑える過去の珍プレー上映や、マリナーズ選手の名前「Pineiro」のスペルを「街角で聞きました、正確に言えるかな?」(ほとんどのヒトが正確に言えずブッブーと大きな×マークが顔に付けられたり)場内整備の男性集団が音楽と共にラインダンスを披露してくれたり、待ち時間も楽しく笑いっぱなし。マリナーズ楽しい試合をありがとう!